介護事務の仕事をしながら年金について勉強

Posted by on 2月 15, 2013 in 未分類 | コメントは受け付けていません。

介護事務の仕事をしている友人は仕事柄、職場でお年寄りのかたと話をする機会が多いそうです。

最近入所しているお年寄りのかたとそのご家族と一緒に年金について話をして自分の老後の年金や自分の親の年金について気になることがあり、休日を利用していろいろと調べているそうです。

彼女は社会人になってからずっと介護事務の事務の仕事をしているそうですが民間企業の社員なのでずっと厚生年金に加入しているそうです。

保険料はお給料から自動的に引かれるので金額については給与明細を見て確認するくらいだったそうです。


ただ現在介護事務以外で介護に関わる違う仕事をしようと考えているそうで休日に通信講座で勉強をしているそうです。

今後転職によって厚生年金から違う種類の年金に変更になるかもしれないので年金のしくみについて自分なりにもっといろいろ勉強しておこうと考え始めたそうです。

私もずっと厚生年金なので年金のしくみについては知っているようで知らないことがたくさんあると思います。
自分の年金記録が細かく記載されている「ねんきん定期便」は細かくチェックして大事に保管してあります。
ですが友人と同様に私も転職を考えているので厚生年金から国民年金に変更になった際に行わなければいけない手続き方法などをこれからきちんと調べておこうと思います。
友人は年金について調べてから職場で年金の話題になった時もいろいろ説明してあげたりできるので自分の年金についてだけでなく、勉強したことを現在の職場でも役立てたいそうです。

Read More

年金を、介護事務として何か?

Posted by on 1月 15, 2013 in 未分類 | コメントは受け付けていません。

若者は社会で働いて、年金を支払っていく義務があります。
将来、65歳以上になると年金支給が開始されていくのですが、それは難しいのです。

年金を受け取りに難しいのです、時代がどんどん悪くなる一方です。

それで介護事務として、介護が将来的に必要と言う人には年金から引かれていくのです。

生活が苦しくなっていきます。
介護が必要な生活になってしまうかもしれません、それが将来の年金生活にどのように響いてくるのかは読めません。
年金を支えてくれるのは若者です、将来は少子高齢化社会に日本はなっていきます。
それが何時まで続くのか分かっていません。
日本は世界の最先端、世界は何れは今の日本のようになって行くものだと思います。
戦後の経済発展期を迎えたような出来事が、今世界で発展を遂げている国が沢山あります。
介護事務が仕事として需要が増えてくるような気がします。
介護事務がどのように働き、働いて返していくのかをする必要があります。

年金を受け取れるのか、社会ではどのように受け取られていくのかを若者はとにかく今の社会で凄く難しい位置取りにあります。
社会ではとにかく不安でいっぱいです。

介護事務がどのような制度を作り上げるのか、知っておいた方が良いでしょう。
社会が今、どんな位置づけなのかを知っておいた方が生きる道が広くなっていきます。
年金は将来的に受給されるのか、これは今の若者に一番の不安です。

不安だから、今を満喫したいと思う若者の気持ちも理解できます。

Read More

介護事務の中には、介護者の年金の管理も含まれることもあります

Posted by on 12月 15, 2012 in 未分類 | コメントは受け付けていません。

介護事務と言うと単調な仕事に感じます。

しかし、介護事務の仕事の中には、介護される方いろいろな個人に関する管理業務も含まれつつあります。
単なる介護費用の請求や支払いだけでなく、介護される方が、すでに年金受給者である場合に、その管理もしなければならないこともありえます。
ですから、介護事務の仕事の中には、年金の管理も含まれる事もありえると言えます。
介護される方に家族がいなければ、介護保険の支払いや取扱も、事務されてる方の仕事になりえます。
特に介護される方が要介護の度合いが高ければ、全く個人で管理することが出来ません。
大きな介護施設では、専門的に部署もあり、その中で個人の資産や年金の管理も、必然的になります。
ですから、こうした総合的な仕事も、広い意味では介護事務にあります。

今や介護される方の管理は、多岐に亘ります。
特別養護施設に、多額の費用を支払って、個人の資産やら金銭の管理をされている場合には、法律の専門家や資産の管理する専門家が介在させて、創造的な管理業務や信託業務も行われることもあります。
小さな介護業者の違法や不法な業務が、特に新聞紙上に記載されることがあります。
その管理や取扱の範囲が、曖昧となりつつあります。
そうした中に、犯罪となりゆるものもあります。
極めてその看護事務の範疇が、分かりにくいものであるというのも、現実社会の矛盾でもあります。
介護される方が、気持ちよく介護されるには、そうした法律的な関与も介護事務の職責の範囲として、法整備されることがより望ましいと考えています。
それだけ、介護事務の仕事が多岐に亘り且つ必要なものになっています。

Read More

介護事務と年金の関係について

Posted by on 11月 15, 2012 in 未分類 | コメントは受け付けていません。

今は介護を必要としている人が多いです。

高齢者介護というのも必要になってきていますし、これからは今よりももっと増加をすることが予想されています。
介護に関する事業を行うのであれば、介護事務も必要になります。
今は通信教育講座もあるので、学ぶ人も増加をしてきています。
色々な勉強方法があるので、自分に合う勉強の方法を模索してみるのも良いのではないでしょうか?介護に密接をしているのが年金です。

年金制度は崩壊しつつあります。
年金を納める人が減少しているのです。

これは将来のためを考えて、未納にするという若い世代もいます。
確かに将来の見込みがないということは大きな問題でもあるのです。


年金は介護にも必要になってきます。
年金がなければ生活をすることが出来ないということもあると思います。
今、年金を受け取っている世代というのは、自分たちが支払った年金よりも多くの受け取りが行われています。

しかしこれが近い将来には逆転をしてしまいます。
介護事務も需要が増加をしてきます。
年金は年金のみの支払いにするべきですが、これがうまく行っていないのが現在の問題でもあります。
別の部分に使われてしまっているということもあります。
これが年金制度の崩壊にもつながってきてしまうのです。

介護の問題も年金の問題も根本的な解決方法を見出さなければいけません。
長い年月をかけた解決を求められることになるのではないかなと思います。

しかし解決をしなければいけない問題なのです。

Read More

介護事務をすると年金はどうなるか

Posted by on 10月 15, 2012 in 未分類 | コメントは受け付けていません。

高校を卒業してすぐに企業に就職したという場合、年金はといいますと厚年に加入することになります。
それと同時に国年にも加入することになります。
一般には国年といいますと20歳から加入すると言われていますが、20歳未満で加入する場合の例ということになります。
大学を経て会社勤めをするという時は、学生時代に20歳になります。
その場合は20歳で国年に加入します。
そして会社勤めで厚年になるということです。

国年には継続して加入していることになります。
毎年来る加入に関するお知らせを見て、自分の加入がうまく記録されているかを見ておくようにします。

もし介護事務の仕事をするようになるとどうなるかです。

その施設にもよるということです。

アルバイトのような仕事の形態であれば特に仕事場で加入をすることがないかもしれません。
そのような時は国年に加入のままということになります。
一方で施設の方で加入をするということがあるのであれば、そちらの方に加入をすることになります。
それぞれの機関によって違ってくるとは思いますが、こちらについても国年から変更したときと、もどる場合が記録されているかを確認しておく必要があります。
空白期間ができていると後で困ることになります。

介護施設の規模によっては、フルタイムにおいても特に社会保険の加入がないということもあります。
この場合にも国年のままということになります。
保険料を負担しなくて良いので助かりますが、その分将来もらえるものが少なくなるということもあります。
そういうことから、社会保険の加入をしてくれる介護施設を探すということもあります。
規模が大きなところであれば、独自の制度を設けていることがあります。
退職金として支払ってくれる制度を設けているところもあります。
このようなところであれば、老後においても受給額を増やすことができるので、安心することができます。
経験を積むことによって、規模の大きなところに転職することもあるでしょう。

Read More

介護事務と介護保険について

Posted by on 7月 27, 2012 in 未分類 | コメントは受け付けていません。

介護事業所の事務職に就くのに特別な資格は必要ありませんが、主にケアプランの作成や他の介護事業者との連絡調整を行う介護事務の職に就くのには介護支援専門員(ケアマネージャー)の資格が必要です。
介護保険とは介護保険法によって定められた法律で、医療保険と同様、介護が必要な人の介護サービスにかかる料金を国が負担してくれる制度です。この介護保険で利用者が介護サービス業者に支払う料金は全額の1割のみとなります。
介護保険の給付を受けるにはいくつか条件があります。まず、65歳以上で介護認定を受けた者であること、45歳以上で、介護保険法で定められた特定疾患を持つ者です。介護認定はその人が住んでいる区市町村の担当者が行います。そして、介護認定を受けた者は要支援1、2と要介護1から5に区分されます。数字が大きくなるほど、手厚い介護の手が必要となり、支給限度額が高額になります。
介護保険は複雑で改正が多いので、介護事務は大変ですが、社会貢献できる重要な職業であると私は思います。

Read More

介護事務は福祉系のデスクワーク。

Posted by on 6月 27, 2012 in 未分類 | コメントは受け付けていません。

介護事務というしごとは、福祉系業務に欠かせないデスクワークです。介護事務を目指して、福祉系業務のスペシャリストを目指しませんか。2000年から始まった「介護保険制度」により多くの方が安心して、サービスを受けられるようになっているそうです。そして介護保険制度の導入にあたり介護事務の資格を持つ技能者も多く求められています。介護事務の資格を取得するために勉強中の方もたくさんいらっしゃいます。介護事務のしごとは報酬請求業務が主なしごととなりますが、その他にもケアマネージャーのサポート的しごとをしなければいけないときもあります。介護事務のしごととは単なる事務作業をするだけでなく、介護保険制度になくてはならない存在で、それだけに「介護に関わるしごとをしている」という自覚が必要でしょう。ですから介護事務の勉強をするのと同時に、介護事務に関する知識だけではなく介護そのものに関する知識をしっかりと勉強して身につけることが必要となります。

Read More